肌への刺激を避け、優しくスキンケアをすることが大切です。

肌への刺激を避け、優しくスキンケアをすることが大切です。

女性なら誰もが悩む「毛穴の黒ずみ」ですが、黒ずみはほとんど、角栓詰まりが原因で起こります。
早く除去しようとして、時間をかけて強めにこすって洗顔をしてしまうと、肌への刺激で毛穴が余計に開いてしまったり、本来肌に必要な水分まで洗い流してしまい、乾燥肌を助長してしまう可能性があります。なので、あまり過度なスキンケアをしないことが大切です。

 

1日の洗顔料を使った洗顔回数も、過度な敏感肌、乾燥肌の人は、朝/夜と2回洗顔をしたほうがいいですが、そうでない方は夜1回洗顔し、朝はぬるま湯、水だけで洗顔をしたほうが必要な油脂をなくすことがないようです。
また、洗顔料を使った洗顔の際は、肌への負担になることを避け、必ず泡立てネットで泡立て、肌に触れるか触れないかくらいの感覚で洗顔をします。

 

ペースト状の洗顔料は洗顔料に含まれる油分などが肌に残りやすいので、固形石鹸のほうが、洗顔後さっぱりとし、しっかりと汚れを落としてくれて、肌に優しいです。
そこでおすすめなのは固形石鹸タイプで、天然保湿成分セリ新配合の「ようじや まゆごもり」です。泡立てネットで泡立てるとモコモコした泡になり、肌を優しく包むので、肌に触れるか触れない程度の力加減で洗顔することができます。
また、天然保湿成分を含んでいるので、洗顔後のつっぱり感がありません。

 

洗顔後、化粧水をたっぷりコットンに含ませ肌になじませます。こちらも肌への刺激を避けるため、必ずコットンで肌になじませる事が大切です。